一般事業主行動計画

■社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての社員がその能力を充分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成30(2018)年4月1日 ~ 平成35(2023)年3月31日
  2. 内容
    • 目標1 柔軟な勤務体系を整備する
      <対策>

      平成30年4月
      勤務時間の繰上げ繰下げや短時間勤務を制度化する
      平成30年9月
      運用状況の確認
      平成31年4月
      社内WEBに運用内容を公開し水平展開
      ※ 平成35年3月まで随時制度の見直し検討を実施
    • 目標2 育児休業制度の理解を向上させ、計画期間内に男性の育児休業取得者を7%以上にする。
      <対策>

      平成30年4月
      男性の育児休業取得対象者を把握
      平成30年9月
      男性が育児休業を取得しやすい環境・制度の検討
      平成31年4月
      社内WEBに取得促進内容を公開し周知
      ※ 平成35年3月まで随時制度の見直し検討を実施
    • 目標3 傷病等支援休暇の導入や看護・介護休暇などの周知により、社員が仕事と治療の両立や休暇取得をしやすい体制を整備する
      <対策>

      平成30年4月
      傷病等支援休暇の導入、介護・看護休暇の内容周知
      平成30年9月
      現状の取得状況の把握
      平成31年4月
      各種休暇の取得促進内容を社内WEBに公開し周知
      ※ 平成35年3月まで随時制度の見直し検討を実施

■女性が働ける職種を増やし、従業員に占める女性の割合を増やすため、次のように行動計画を作成する。

  1. 計画期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日
  2. 目標と取組内容・実施時期
    • 目標1 5年以内に技術系職種に従事する女性を5名以上採用する。
      <対策>

      平成28年4月
      作業所等における女性の働きやすい環境を整える。
      会社説明会や合同説明会で技術系女子学生の採用についてアピールする。
      平成28年10月
      学校への情報提供時に女子学生採用についての方針をアピールする。
      平成29年3月
      継続的に技術系女性を含めた学生の採用活動を実施する。
      応募状況等を分析し、随時アピール方法を検討する。
    • 目標2:ワークライフバランスを考慮した女性が働きやすい多様な雇用形態を検討する。
      <対策>

      平成28年4月
      当社における現行制度や人員バランスを鑑み、ワークライフバランスを考慮した当社にあう多様な雇用形態について検討する。
      平成29年4月
      実施可能と判断されるものは随時導入を検討、実施する。

Copyright © Matsui Kensetsu K.K. all rights reserved.

PAGE TOP