ZEB・ZEH-M

国際社会においては、脱炭素社会の実現は急務とされ、当社においてもSDGsの実現のため、省エネに取り組むことが重要課題となっています。そのツールとしてZEB(ゼブ)やZEH(ゼッチ)が非常に有効と考えており、積極的に展開して参ります。

ZEB(ネットゼロエネルギービル)とZEH(ネットゼロエネルギーハウス)

どちらも年間で消費する建築物の消費エネルギーを、省エネルギー技術により大幅に削減するとともに、創エネルギー技術でエネルギー収支「ゼロ」を目指した建築物を指します。
建築物のうち、「事務所、病院、ホテル、学校、物販店舗等」を対象とするものを「ZEB」、「住宅」を対象とするものを「ZEH」、特に共同住宅を対象として「ZEH-M」としています。

ZEBの区分

z-zh001

建築物の実態に応じて、省エネ技術で50%省エネを行うことにより「ZEB Ready」、正味で75%省エネの「Neary ZEB」、さらには正味で100%以上省エネの『ZEB』を目指すことができます。

ZEH-Mの区分

ZEH—Mの場合は、建物規模に応じ所定の断熱性能及び省エネ技術で20%省エネを行うことにより、「ZEH-M Oriented」、正味で50%省エネの「ZEH-M Ready」、正味で75%省エネの「Neary ZEH-M」さらには正味で100%以上省エネの『ZEH-M』を目指すことができます。

z-zh02

当社の取組

ZEBプランナー取得

当社は、経済産業省 資源エネルギー庁、環境省等が取組む「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の実現・普及に貢献するため、一般社団法人 環境共創イニシアチブが公募する「ZEBプランナー」に申請し、登録されました。受領したZEBプランナーマークを右図に示します。これにより当社はZEBの導入を検討している建築主の相談窓口となり、プランニングや支援業務により、脱炭素社会の実現を目指します。

zebマーク

登録制度
登録票

当社の実績

ZEB

SSビル:ZEB Ready取得

zeb004
zeb005

zeb0006

一般社団法人 環境共創イニシアチブ ホームページより

ZEH-M

カレッジコート武蔵小金井:ZEH-M Oriented取得

z-zh003
z-zh04
z-zh05
z-zh06

Copyright © Matsui Kensetsu K.K. all rights reserved.

PAGE TOP