投資家の皆様へ

日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
平成29年3月期(当社第88期)の当社グループ連結会計年度における我が国経済は、政府・日本銀行の各種政策により雇用・所得の改善が見られるなど、緩やかな回復基調が続く一方、アジア新興国や資源国の景気の下振れ、英国のEU離脱の動きなど、海外経済・金融資本市場の不確実性の高まりが懸念される状況で推移しました。
建設業界におきましては、建築設備投資の緩やかな増加や住宅建設の持ち直し、公共投資の底堅い動きなど、建設投資全体としては堅調さが見られるものの、景気持続性の不透明さや、慢性的な建設労働者不足の中、工事利益の確保、工程管理に努力を要する等、リスクの内在する事業環境が続いております。
このような経済情勢の中で当社グループは、「質素・堅実・地道」の経営姿勢に基づき、企業価値を向上させ、株主・投資家の皆様のご期待に応えてまいる所存です。
今後とも倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

sign02

IRニュース› 一覧

免責事項

当ウェブサイトに掲載している免責事項IR情報は、松井建設株式会社(以下、当社)の財務情報、経営情報等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。
また、当ウェブサイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行うようお願いいたします。
当ウェブサイトに掲載している情報の一部に、将来の業績予想に関する記述が含まれておりますが、潜在的なリスクや不確実性を内包しており、将来の業績を保証するものではございません。
様々な要因により、これらの業績予想とは異なる結果となり得ることをご承知おきください。
当ウェブサイトに情報を掲載する際には、当社は細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関しましては、事由の如何に関わらず当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
当ウェブサイトは予告なしに運営の中断や中止あるいは内容の変更、または削除を行う場合があります。
また、通信環境や閲覧者様のコンピュータの状況、その他の理由等により、当ウェブサイトを正常に利用できないことによる如何なるトラブル・損失・損害に対して当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。

Copyright © Matsui Kensetsu K.K. all rights reserved.

PAGE TOP