耐震の技術

耐震補強工事により既存建物の耐震性を向上させることは、建物倒壊を防ぎ、人命を守ることに繋がります。
当社は、建物耐震診断やお客様のニーズに合わせた耐震工法のご提案を行い、大地震への備えをお手伝いいたします。

デザインフィット工法

設計の自由度が高く、工期の短縮・現場作業の軽減・コスト削減を可能とする耐震補強工法です。

《タイプ》
  1. 内付け型
  2. 柱内付け・梁外付け型
  3. 完全外付け型
《特徴》
  1. アンカー工事を大幅に削減
  2. 工期の短縮
  3. コストの削減
  4. 騒音・粉塵発生の低減
  5. 豊富な設計バリエーション

デザインフィット工法パンフレット(6391KB)

dsfit01

当社は、宇部興産株式会社と山陽建設サービス株式会社が共同開発したデザインフィット工法を業務提携しております。

デザインUフレーム工法

デザインUフレーム工法は、既存の鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造架構の外側に鉄筋コンクリート造の補強フレームを接合する耐震補強工事です。
外付けフレームによる補強タイプのため窓に斜め材がなく、バルコニーへの出入り採光及び外観デザインを大切にする建物に適しています。
また、既存建物の複雑な形状や要求耐力に適した設計が可能です。

《特徴》
  1. 鉄筋コンクリート造フレームによる外付け工法
  2. ノンブレース型で建物外観に調和
  3. 外付け型で居ながら工事が可能
  4. 柱梁接合部に高強度PCMを用いてスレンダーな形状
  5. 普通コンクリートとのハイブリッドでコストを削減
  6. 自由な断面で様々な建物にフィット

デザインUフレーム工法パンフレット(7091KB)

flm0

eq_01_thumb

建物1階から3階までの濃色(グレー)が当該工法部分。

当社は、宇部興産株式会社が開発したデザインUフレーム工法を業務提携しております。

ハイパ―耐震工法(全周巻き)

ハイパー耐震工法は、鉄筋コンクリート造のフレーム(柱、梁材端部及び柱梁接合部)の強度と靱性を向上させる耐震補強工事です。
室内で手作業による施工が可能です。

《特徴》
  1. リブ付き鋼板および連続繊維シート巻き立てによる鉄筋併用補強工法
  2. 意匠、採光への影響がない
  3. 居ながら工事が可能
  4. 屋内で手作業による施工が可能
  5. 靭性能だけでなく強度向上型補強工法

taisin03

関連リンク 一般社団法人中高層耐震建築機構 URL http://hi-per.jp/

Copyright © Matsui Kensetsu K.K. all rights reserved.

PAGE TOP